So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

切開 [小さなこと]

その後、上あごは膿んでしまっているところを切開。
前にも数回あったことなので、どの程度ひどいのかわからなかったのですが、
今回また切開して、小康。といった感じ。
また繰り返すようなら手術、その他といった流れ。

問題のところだけでなく、昔の治療後などからどんどんばい菌君たちが
入ったり、組織が死んだりして大変なことになっています。
本当に健康は宝。


景気の悪い話ばかり続いてしまったので。
なんだかんだいってうれしいことを。

パソコン買い換えました。わーい。買い換えたくなかったのですが、
買い換えてしまえば、新しいものはやっぱりちょっとわくわくします。
新しいなあ・・・と自分で思っています。
使い勝手がよくなったわけではないのですが、新しいので故障していない。という
一点だけで満足です。

今回パソコンを移行してみて、思った以上にデータがクラウド上にあること、
そして個人情報をGoogleさんに預けてあることを思い知りました。
ほとんど移行がいらないんですよ。大したことしていないというのもあるのですが、
何から何までGoogleさんが同期すればOKというものばかり。
そして意識していなかったのですが、新しい端末への移行にスマホが大活躍。
何でもかんでもスマホで認証。
逆に恐ろしくなりました。スマホとGoogleに日ごろのほとんどを預けてしまっている
のだなと。私かどうかの認証はスマホ、つまりGoogleのクラウド上ではスマホが私。
私が私ではなくスマホが私。
Googleがロックされたり、スマホを失えば、復旧は大変だろうなあと空恐ろしく
なりました。
これ以上スマホに君臨されたくないのだけれど。

私が家(と家電)をスマホ連動したくないなあと思うのはこれが危ういと思うからなのだけれど、
それでも時代の流れで抵抗できずにかなりの情報をスマホとネット上のクラウドに
握られてしまっている。

でも、便利なんですよね。スマホ。スマホで認証。ほんと便利。

パスワードが安全とは思えないので、まあ、スマホで認証のほうが
まだまし・・・なのかもしれないなと思っていますが。


さて、二月も半ば。
毎年これから結構苦しい時期なのですが(主に仕事が)、どうなることやら。と
思っています。時期によらず、このところは「なんとか無事でありますように。」
と何もないことが大事と思うようになってきました。

気候は急に「四月なみ」だとか、17度だとかいった予報が連発しています。
今年も暑くなるのかしら。肝心の「四月なみ」といっても、はて、四月ごろが
いったいどんな様子が四月らしかったのか。この頃わからなくなってしまいました。

春の訪れと同時にやってくるのは花粉。かゆいかゆい季節がやってきます。
暖かい外をのんびりと歩きたいものだ、と思うものの毎年かなわず。
です。

ですので、室内での過ごし方をさらに充実させたいと思います。
まずはごみ捨てごみ捨て。まだまだいーっぱいあるのです。
がんばろうっと。



コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

顔はれ中 [小さなこと]

二十年ぐらい前に一度手術をしているのだけれど。
たぶん同じ状態であごの中にうみがたまってしまっているのだと思う。
ばい菌が入ってしまって・・・ということがある。
抵抗力が低くなるとそうなってしまうのだ。

ということで今顔が半分はれてます。
収まらなければ再度手術ともしかしたらごっそり・・・ということも
考えていやだなあとぐったりしています。

昨日からねこみちゅう。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

面倒続き [小さなこと]

そして、今捨てたいもの。並べて
捨てる算段。これもまた面倒。
不用品の引き取り業者に電話しなくては。でも、取りに来てもらうっていうのが
まず面倒。
電話するのに勇気が出なくて躊躇。でもぐずぐずしていたって仕方がない。
電話して、交渉しなければ。

今日、適当におもちゃ類は送付。
それだけでも、結構すっきりしました。
でもまだまだ大物が。
ミシンとか。数えるのがいやになるぐらいあるフレーム類だとか、
着物が入っていた桐の箱。巨大だから本当にいやになるけれど、
それがなくなれば、また一歩前進。

やっぱり電話しなくっちゃ。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

面倒なこと [小さなこと]

半襟をとりながら、めんどうだなあとおもっているのですが、
それより面倒なのは
Windowsの移行
確定申告

あーもう今年は全然まとめていなかったのです。
毎年、割合こまめにコツコツ記録をつけていたのに、今年は
ぜーんぜんやる気がなくて。

あーもう。本当に面倒だし、本当に緊張する。
きちんと考えてコツコツっていうのが本当に苦手。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カーテン [小さなこと]

カーテンって、あのアガサの暗い本じゃありませんよ。

土曜日。朝も7時台から、どったんばったん。
家にあるものを捨てるため、納戸の奥にしまいこんでいたもの、
収納部屋におきっぱなしになっていたものを引っ張り出していました。

以前部屋に合わなくて外したカーテンも出てきて、はてどうしようかなあ。
またこれをかけることはあるのだろうか。よいものを次に買えるのならば
迷わず捨てるのだけれど、
今間に合わせにレースの布をかけてるしなあ。


こういった大きなものを捨てるのはほんとうに大変。
手に入れるときは通販だろうがなんだろうか、ぱっと買えるのに。

納戸からはお菓子のおまけだのなんだの、沢山出てきました。私が
子供の頃集めていたものです。こういったおもちゃ類、人があつまって使う
チェスだとかバックギャモンだとかいったものや、カワイイお人形など、
もしかしたら誰かいる(ただで)かもしれないので、業者に持っていってもらいました。
かわいいお人形の着せ替えなんかは、本当は手元においておきたいかわいさなのだけれど、
何もかも置いておくわけには行かないので。

納戸をさらっていると、小学校の時に買ったドライフラワーの麦の穂が出てきて
驚愕。そういえば、その頃って、部屋にお花を飾るだとかそういったことに興味を持ち始めた
時期だったんです。でも、どうしてまだある???
というようなものが沢山出てきます。とっくに捨てたものの残り、といった
ものばかり。
子供の頃の趣味だとか、そういうものの材料なども出てきます。
どれも捨てにくいものばかり。捨てにくいのは情緒的に捨てにくいのではなく、
大きくてゴミ袋に入らない・・・・。

さまざまなものを整理していたら、「あ、こんなのも残っていたのか」というものが。
父が若い頃書いた油絵。全部何十年前に処分済みと思っていたのですが、私の手元に
あったものが一枚だけ。
私が幼い頃、趣味で休みの日には油絵を描いていたなあと思い出しました。
裏を見ると「**ノタメニ」とわたしへの献辞?が書いてあるので、小学校の頃、処分せずに
私がうけとってそのまま私の部屋の置くにしまいこんでいたのだと思います。

そういえば。
私が幼い頃、描くものがないのか、私の絵も描いていた父。
部屋に飾っておくと来客があると、お客様が話題にするので(それはしますよね・・・)、
子供としてはとても困った記憶があります。美しい人ならいいですが、
そうでない場合、なんというか・・・。それだけではないですけれどもね。
まあその肖像がたちが残ってなくてよかったです。ほっ。
今手元にあるのは私が大事にしていたぬいぐるみの肖像画(?)。
このぐらいは部屋にあってもいいかな。
意外とかわいい。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -
にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ